専業主婦カードローンの審査とは

*

専業主婦カードローンの審査とは

不幸ごとややりくりが上手くいかなかったりと急な出費に迫られ、少しお金を借りてしのげたらと思いカードローンで借りたいと思いつつ、収入のない専業主婦では審査に通らないのではないかと不安を抱えていませんか?

昔は消費者金融で借りられた専業主婦も、今ではお金の貸出しに規制がかかり銀行のカードローンでしか借りられなくなくなりました。

銀行は審査も厳しいのでは?と思われがちですが、銀行も消費者金融も審査時に見るポイントは同じです。
もっとも気をつけなければいけないことが「配偶者にきちんと返済できるだけの収入があるか?」です。

旦那の収入は夫婦二人の収入とみなされます。
自分自身の収入がまったくない専業主婦でも旦那に毎月安定した収入があれば申し込めます。
無収入の主婦が審査に通らないということはありません。

申し込み時には職業を選択が必要になりますが、「主婦」や「専業主婦」を選んでください。

審査では申込者の個人情報を総合的に見て判断します。

・どんな家に住んでいるのか?(持ち家か賃貸か?何年ぐらいすんでいるか?)
・他社で借り入れがないか?(どこでいくらか借りているか?)
などの基本的な項目を入力します。

申し込み画面に入力したことだけで判断しているわけではありません。
具体的にどんな項目を見ているかや審査が通る・通らないのボーダーラインは非公開となっています。

自分の条件を伝えて私でも審査は通りますか?と聞いてもお答えできませんと言われてしまいます。
窓口のオペレーターが審査しているわけではなく、審査専門の部署が審査しているので答えられないのです。

しかしカードローンの長い歴史の中である程度のボーダーラインはわかってきています。
厳密に線引きはできない項目もありますが、中にはこんな人は難しいとわかっているものもあります。
条件によっては1つでも当てはまる場合は絶対に無理というものもあります。

審査に関係する条件は人それぞれ違います。
このサイトではこんな場合は審査に通りますか?と質問が多い項目について取り上げています。
カードローン申し込み前に当てはまる項目をチェックしてください。