クレジットカードの現金化はダメ!

*

クレジットカードの現金化はダメ!

クレジットカードの現金化とは、本来商品やサービスの購入代金を後払いするために設定されているショッピングの利用可能枠を現金を入手する目的で利用することです。
クレジットカード会社はこれらの行為を一切認めていません。
具体的な例をあげます。
まずキャッシュバック方式と言われる手段は、
1、借り手は業者のホームページを見て、クレジットカードのショッピング枠30万円分の現金化を申し込みます。
そして、CD-ROMなど30万円相当の価値があるとは思えない商品を購入します。
その際、本人確認・住所・電話番号・口座番号等を入力し業者に知らせます。
2、業者はクレジットカードでの購入申し込み手続きが完了したことを確認して、借り手に25万円支払います。
3、後日、借り手はクレジット会社から30万円の購入代金を請求されます。
また買い取り方式というものもあり手段は、
1、借り手は業者が販売する指輪を30円万クレジットカードで購入します。
2、購入後、同じ業者が25万円でその指輪を買い取ります。
3、後日、借り手はクレジット会社から30万円の購入代金を請求されます。
一時的には25万円手元に入りますが最終的には30万円分クレジット会社に債務を負うことになります。
最近ネットなどでクレジットカードの現金化を勧誘する広告が見受けられます。
しかし、クレジットカードの会員規約に違反しますし、判明すれば利用停止になることもあります。
また、入金されない・キャンセル出来ない等のトラブルもは発生していますので絶対に行わないでください。


ゴシップ