仮審査で通過して本審査で落ちることはあるの?

*

仮審査で通過して本審査で落ちることはあるの?

カードローンは仮審査で通過しても本審査で落ちることがあります。
仮審査も本審査もカードローンでお金を借りるには必要不可欠であり、同じ審査でも内容はそれぞれ違います。
仮審査はあくまでもコンピューターで年齢・家族形態・勤務年数・年収、専業主婦の場合は夫の年収など最も基本的な要素から申し込み者にお金を貸して良いかどうかを判断します。
コンピューターでふるいにかけてスピーディに行われるのですぐに結果が出ます。
仮審査を無事通過すれば今度は本審査に進むことになります。
本審査は仮審査とは異なり人間の手によって行われ、在籍確認の電話を含めて本人確認書類等の情報を細かく徹底的に審査します。各金融機関で審査基準は違いますが以下の点が重要になります。
本人確認・在籍確認・他申告内容に偽りがないかどうか調査します。
また過去の借り入れ状況と返済状況・他社の借り入れ状況と返済状況を個人信用情報で調べます。
もちろん個人信用情報は申し込み者本人のもので家族の個人信用情報を調べることは基本ありません。
本人確認書類の内容が確認とれない、在籍確認がとれない、嘘の申告がある、そして過去に返済トラブルがあったりどれか一つでもあれば本審査は通りません。
また、あまりに多くのカードローン会社に借り入れを申し込んでいると申し込みブラックとみなされ審査に通らない場合もあります。
本審査を不安に思う人もいるかもしれませんが、本審査を無事通るには嘘偽りなく正確に申告する事と申し込みブラックにならない事に気をつけて誠実に対応すれば問題ありません。


ゴシップ